幸運青汁
ホーム > 注目 > しっかり様子を見るつもりで

しっかり様子を見るつもりで

売却物件を査定する際は条件関連で交渉に支障が生じることもあります。

 

程度の違いはありますが、多くは確認のし忘れや、誤記や見落としなどが原因です。

 

条件確認は業者にだけ任せるのではなく、売主も注意し、記録しながら話を進めると良いでしょう。

 

もし疑問があれば早々に質問してけしてうやむやにしてはいけません。

 

あとになると問題が大きくなることもあるからです。

 

戸建てなどの不動産物件を売ろうとした場合、時には買い主の方から境界確認書の提出を頼まれることもあるようです。

 

そんな時には、土地の権利者が立ち会いながら、土地家屋調査士が土地境界確定測量をして、必要な書類を作るのです。

 

この書類が必要になる理由としては、買おうとしている土地とよその土地の区切りがきちんとわからない際に、土地のしっかりとした境界線を確定させて価格を決めること、そして、隣り合う土地の権利者とのトラブルを防止するのにも役立ちます。

 

マンションを売るときに損のない取り引きをしたいのであれば、これから売ろうとする物件を査定してもらう時は出来るだけ多くの仲介業者に見てもらい、相場の把握に努めることが欠かせません。

 

売り手側の認識が甘いと、業者は分かりますし、買い手も強気で交渉してきて、損をする可能性も高いのです。

 

それから、査定時に営業マンの対応をよく見ることで、信頼に足りる相手なのか確認もできます。

 

しっかり様子を見るつもりで査定に臨みましょう。

鼻下 脱毛サロン